« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

09/15/2008

9/15 札幌 8R 結果

A1

1着:4番チャイニーズフレア
2着:1番オコリンボ
3着:2番コズル

馬連:21.9倍

有力どころ、指数上位どころが後方競馬だったので嫌な予感はしましたが最後にきてくれたのでよかったです。
軸馬1番オコリンボはスタートで後手とはいいませんが今一歩でしたが内枠が幸いしました。
結果的に指数順位のでない4番チャイニーズフレアをおさえておいて正解でした、2走前の指数が頼りだっただけに本当にギリギリのところです。

まだ検証の余地はありますが指数上位、軸馬の指数が完全なものでない場合は指数的に無印など荒れる要素がみられます。
勝負度は高くないレースではありましたが予測指数は慎重に買っていかないといけないでしょう。

|

09/14/2008

9/15 札幌 8R

□札幌 8R サラ3歳以上 500万下(牝) ダ1700m 13頭

A

スピード指数は過去に経験した指数から実力を推測する。
もう一方として今回指数を伸ばす可能性を見抜いて馬券につなげるということもある。
日曜日のメルマガ推奨としたレースは、そのケース(相手は抜けたが)であり指数上(数字上)良い理論馬でなくとも狙う場合がある。

現在は過去2走(穴指数を見るなら3走)の指数を見て、その指数ランクが高い馬を狙って馬券にしている。
この指数ランクを出す場合、指数表に今回の予測指数が出るのですが、その予測指数が上昇している馬を狙います。

1番オコリンボは過去2走の指数はともにAランク。
Aランク馬は高い部類ですが信頼度ではSランク馬がいます。
過去2走ともにSランクの馬を狙って現在勝っているので信頼度は揺らぎます。

しかし指数ランクはSランク。
これは今回はSランクの指数を出す可能性が高いことを示しています。
好走領域(指数差はないが過去2走ともSランク)馬と同じ信頼度です。

オコリンボの指数差は2位以下につけています。
指数を伸ばす余地はあるものの指数ランク(安定性)に不安材料があります。

ということを考えて投資金額を決めたりします。
また、こういったように指数的に抜けた馬がいるもののレベルが高くない場合は相手に強弱はつけないようにしています。
一応対抗は5番コパノタイマネです。
減点材料もないですし、低レベルの中では強調ポイントもあると感じます。
しかし、オッズ的に苦しい場合を除き基本は均等買いをします。

|

09/07/2008

9/7 新潟 5R 結果反省

C

1着:2番ロードフラッグ(好走領域馬)
2着:7番ペネトレーター
3着:6番エイトゴーオン

馬場も馬場だったので勝負は避けましたが前日は上記のように買いました。
日曜日は馬券が嵌りきらなかったということを結構あらわしている馬券だと思います。
11歳馬が逃げて好走する様は中々見応えがありましたな。

2着馬は初障害馬。
この馬は指数3位指定ですが障害指数ではなく総合的なもの、あまり金額の上下をしないようにはしているのでまずまずの配当といえます。
当日は馬連流しが中心だったので、それなりに恩恵はありましたが・・・。

|

9/7 新潟 5R

□新潟 5R 障害3歳以上・未勝利 障害2850m 13頭

◎2 ▲9 〆7,5,11,13

2番ロードフラッグは過去2走、非常に高い指数で走っている。
好走領域に該当する。
指数差がない分、抜けた存在ではなくメルマガなどには記載されないが、むしろこういった差の少ない指数1位馬が好走している現状だ。

障害は当たり前だが落馬もある。
不利というものが指数以前にもあるが、まともに走れば2番、9番の指数上位で決まると考える。
この2頭ぐらいしか指数を出していないので2頭からの3連は総流しをしたい。

※簡易版です。

|

« August 2008 | Main | October 2008 »